必威体育官网

現在位置:トップ>製品センター>技術交流

冷成形APP的特征

冷間加工の鏡板は寸法精度が高く、品質が安定している。加熱による肌の荒れや酸化がなく、外観は極めて綺麗である。また、加熱による材質劣化の心配もない。

弊社はお客様に安心して鏡板を使って頂けるように、使用材料は鉄鋼メーカから直接に仕入れている。鉄鋼メーカは冷間成形の特殊要求に従って精錬・圧延してくれる。

冷間成形した鏡板の特徴から、幾つかの注意事項があり、次はその代表例となる。

● 応力腐食割れについて

冷間成形の物は通常、残留応力と加工硬化が発生する。鏡板も例外ではない。容器と組立する時に発生する組立応力や溶接の残留応力、熱応力と重なり、もし応力腐食の環境下で使用すると、短期間に応力腐食割れが発生する場合がある。

炭素鋼の場合には、硝酸塩やアンモニア、アルカリ性ナトリウム等環境下で、オーステナイト系ステンレスの場合には、塩素イオンを含む特定の環境下で使用されると、割れが発生する場合がある。これを一般的には応力腐食割れと呼んでいる。

弊社では、お客様で使用されるボイラをはじめ圧力容器の設計や使用条件等を考慮することができないので、このような条件で鏡板をご使用される場合には、設計段階より残留応力の除去やご使用材料の選定等に十分ご配慮いただき、「鏡板注文契約」に明記していただくようにお願い申し上げる。弊社では、それに基づき、最適な工法で残留応力を除去させていただく。

● 溶融亜鉛鍍金・カロライジング割れについて

炭素鋼及び低合金鋼を溶融亜鉛やアルミ液に入れて亜鉛鍍金やカロライジングを行う時、フランジ部に割れが発生する場合がある。この現象を一般的には“亜鉛鍍金(カロライジング)脆性割れ”と呼んでいる。これは溶接残留応力や加工応力などが存在する時に、低溶点の亜鉛やアルミが粒界拡散した結果である。だから、容器の溶融亜鉛鍍金やカロライジングを行う場合には、前もって熱処理で応力除去を行う必要がある。

● 炭素鋼鏡板の塑性加工痕跡

炭素鋼は引張力を受け変形する時、主応力と45℃の方向に滑り線が発生し、この時、材料表面の酸化膜はこの滑り線に沿って滑り落ちる。

冷間成形鏡板の遷移部であるr部付近に、酸化膜が滑り落ちたことにより網状の痕跡が残るが、これは塑性加工によって引き起こされた現象であり、有害的な欠陥ではない。

● 溶接線付きステンレス鏡板の塑性加工痕跡について

溶接線付きの鏡板について、プレスで成形する場合、内面全部及び外面フランジ部、遷移部の溶接余盛りを処理してから成形加工を行う。スピニングで成形する場合、前もって内外面の溶接余盛りを全て処理してから成形加工を行う。

ステンレス製鏡板は、溶接線と母材との強度が違うため、溶接線の中央部が低めになっており、塑性加工の時、僅かだが糸状に内側へ凹む現象が発生する場合があり、これは塑性加工によって引き起こされた現象であり、割れのような有害的な欠陥ではない。

宜興北海封頭有限公司

  品質保証部

版权所有 ヘッド北海株式会社宜興 All Rights Reserved. 本社住所:宜興市、江蘇省、ストーンタウン工業区、ロードヤンシャンサポート:实创科技
东升彩票app下载优发娱乐手机版app下载安装东升彩票app下载