必威体育官网

現在位置:トップ>製品センター>鏡板使用上の注意事項

鏡板使用上の注意点

断面形状精度
断面形状精度について、外凹み≦1.25%Di、内凹み≦0.625%Di。(隙間ゲージにて検査)
フランジ、倒れ、シワ、総深さ(高さ)公差
鏡板のフランジ部に縦方向のシワがあってはならない。鏡板のフランジ部高さ及びフランジ部内・外倒れの公差は下記の通りとする。
直径Dia
フランジ部高さ
倒れ
総深さ(高さ公差)
DN ≦2000
h=25
外:1.5 内:1.0
(-0.2~ 0.6)%Di
DN > 2000
h=40
外:2.5 内:1.5
その他

外:6%h 且≤ 5

内:4%h 且≤ 3

■ 真円度

1.フランジ部で等距離配置の4つの内径を測り、実測した最大値と最小値の差を真円度の公差とする。

2.真円度の公差≦0.5%Di、且≦25mm。

3.δ s/Di < 0.005且δ s < 12mmの場合、真円度の公差≦0.8%Di且≦25mm。

■ 開先角度及び寸法公差、開先面の粗さ

項目
公差
開先角度
±2.5°
ルート面の幅
±1mm
開先面の粗さ
以上 

ひび割れ、ラミネーション

、巻き込み等欠陥がない

■ 外周長さの公差、内径公差

呼び径
材料板厚δs
内径公差ID
外周長さ公差
DN < 600
2 ≤ δ s < 4
± 1.5
±4
4 ≤ δ s < 6
±2
±6
δ s ≥ 6
±3
-3~9
600 ≤ DN < 1000
2 ≤ δ s < 4
±2
±6
4 ≤ δ s < 6
±2
±6
δ s ≥ 6
±3
-3~9
DN ≥ 1000
全部
±3
-3~9

説明:一般的には、Di≧1000且δs<10mmの場合、外周長さの公差を基準とする。内径又は外周長さの公差については、双方協議の上決定する。

注:

1.外周長さの標準長さ=(内径 呼び厚さ*2) * π(3.1416)

2.内径公差の場合には、フランジ部で等間隔配置の4つの内径を測定し、その平均値を取るものとする。

外観品質

1.溶接部で測った最小板厚は鏡板の保証厚さを下回ってはいけない。溶接線は母材より0.5mm以上低くなってはならない。

2.段階押しにより成形した場合、リング状のヒモが発生する場合がある。型板を当て、その隙間が1.5mm以下とする。

3.材料表面のアバタについては、グラインダーで仕上げている。その場合、深さは5%δ s以下、且2mm以下とし、超えた場合は溶接補修を施す。

4.鏡板の外観品質について、材料の縞模様は深さが0.2mm以下とする。鏡板表面にグラインダー仕上げの面積が20%を超えた場合、全体の表面処理を施す。

5.鏡板の外観について特別なご要望がある場合は、別途ご指示ください。

版权所有 ヘッド北海株式会社宜興 All Rights Reserved. 本社住所:宜興市、江蘇省、ストーンタウン工業区、ロードヤンシャンサポート:实创科技
龙8国际手机乐虎国际娱乐官网网址千赢国际老虎机官方网站